多嚢胞性卵巣は

多嚢胞性卵巣は、排卵が起こりにくくなり、卵巣の中に卵胞がたくさんできてしまったときのことを言います。

婦人の卵巣の中には卵細胞がたくさんあります。卵細胞は順当ひと月にひとつずつ成熟し、ある程度大きくなると排卵が起こるのですが、多嚢胞性卵巣の場合は卵細胞が排卵に至るまでに広くならず、卵巣の中に未成熟の卵細胞が残ってしまう状態になります。多嚢胞性卵巣の疾患が見られる婦人で、無メンスや稀発車メンスなどのメンス不具合があり、かつ血インナーの男ホルモンの成果が良いと、多嚢胞性卵巣症候群と診療されることになります。

多嚢胞性卵巣症候群の女性は、排卵がうまく起こらない結果メンス不順や無メンスといった疾患が起こります。また肥満も代表的な疾患の一つで、インスリンという血糖成果をコントロールするホルモンが働き辛くなり、結果として脂肪や糖の解体が上手く働かず、結果として太りやすくなってしまうのです。また、肥満が原因で排卵障碍が起こる場合もあります。
排卵がかしこく起こらないという病気であるため、多嚢胞性卵巣症候群は不妊の原因になります。しかし子宮や卵管に問題があるわけではないので、排卵が起こるようになれば常識おめでたも満載出来あるといえます。”詳しくはこちら

多嚢胞性卵巣は